会社沿革

昭和35年 5月 築炉業を目的として 故 大井手 邦正(会長)個人創業。
社名 大邦炉工業所として発足。
昭和39年 9月 黒崎築炉(株)(新日鉄系)の招請を受け、その傘下に属し以後製鉄、化学等の大企業向け築炉工事に従事。
昭和40年 8月 法人に改組 社名 大邦炉機(株)
資本金400万円
独自に開発した築炉機器特許製品の製造販売を開始
昭和42年11月 資本金800万円に増資
(株)大井手築炉 に社名変更
昭和47年 2月 建設部門新設
永大産業(株)のハウス工事担当
これを機に築炉業より開発事業会社へと事業転換
昭和47年 7月 (株)大築に社名変更
昭和48年 2月 資本金1,200万円に増資
建築用仮止釘 「王将ネイル」を開発し、海外4カ国
(アメリカ、西ドイツ、カナダ、オーストラリア)を含め特許出願
昭和48年 6月 岡山市に第一工場新設
仮止釘の量産を開始
昭和49年 5月 弊社ブランド 「カリクギ」 製造販売を開始
「天井張付け新工法」 通産省より49年度国産新技術企業化等融資認定
昭和51年 5月 配管、軽天井工事用 「スチールテープ」 の製造販売開始
昭和52年 5月 研削砥石を開発
独創的な積層回転砥石及びオフセット砥石の製造販売開始
昭和52年 6月 各種砥石の開発、量産体制に入る。
52年度国産新技術企業化等融資認定
特許庁より外国特許権出願費補助金の交付
昭和53年 4月 研削用ワックス 「オーイデサンダックス」を開発
大阪国際見本市にて発表出品
昭和53年 6月 岡山第二工場新設
昭和55年 3月 当社独自の特殊製法により脅威的な切断性能を持つ切断砥石
「オーイデジェット」の開発に成功、販売開始
昭和55年 8月 大井手邦正会長 大井手節子社長 就任
昭和57年 3月 仮止め、本止め両用の内装釘「カクシ釘」を開発 販売開始
昭和58年 6月 岡山新第一工場 完成
昭和59年 6月 大井手邦正会長 死去
昭和60年 2月 (株)大築岡山工場 設立 資本金1,000万円
昭和60年 8月 樹脂成形工場として大邦化成(株) 設立
昭和61年10月 建築業界のニーズに応えステンレス製カクシ釘を発売
昭和62年10月 大邦化成(株) より (株)大築広島工場へ社名変更 資本金1,000万円
昭和62年11月 エアー釘打機「とめ吉」と「とめ吉」用テーピング釘DANシリーズ
販売開始
平成 4年 4月 従来の切断砥石をグレードアップし「オーイデジェット21」を開発 販売開始
平成 6年10月 切れ味、耐久性を向上させた切断砥石「オーイデジェット スパッ」を開発
販売開始
平成 6年12月 広島県竹原市に広島工場新設
平成 7年 9月 特殊先端加工を施したMDF材用カクシ釘「MF-40」を開発
販売開始
平成 9年 4月 耐久性を維持しながら、切断効率を向上させた極薄切断砥石
「オーイデジェット ハイパー」 を開発 販売開始
平成14年 2月 ミサワ商会代理店として「CF BOARDHEATER」 販売開始
平成15年 6月 キュービトロンと粒を採用し、切れ味のいい、耐久性抜群の極薄
切断砥石「オーイデジェット スマッシュ」を開発 販売開始
平成16年11月 フロアー用カリクギ 「K2-38」 販売開始
平成17年 3月 大井手節子会長 大井手 豊 社長 就任
平成18年 8月 キュービトロンと粒を配合し、切断面の綺麗な、切れ味抜群の極薄切断砥石「オーイデジェット ネクスト」を開発 販売開始
平成18年 9月 厚板接着用カリクギ 「K2-45」 販売開始
平成19年 6月 『コンクリート直貼り用仮止め釘 カリクギK2cシリーズ』として、「カリクギK2c-20」、「カリクギK2c-22」を発売開始
平成20年 3月 キュービトロンと粒を配合し、高い耐久性と快適な切れ味を両立。パワフルな切断性能を擁し、作業効率をさらに高める
次世代切断砥石「オーイデジェット イーグル」 を開発 販売開始
平成22年 6月 打ち込みガイド付きで確実施工 、下穴不要で施工時間短縮!
「樹脂サドル用 トメ釘」 を開発 販売開始

ページトップへ